« 「夕日が背中を押してくる」のさびしさ | トップページ | SFマンガ「サイバーブルー」 »

2020年9月13日 (日)

水泳バッグ

子供時代の夏。それは夢と希望に満ちた季節。

とくに、プールの日は、朝からワクワクだった。

あの肌をジリジリ焼くような日差しとムッと全体を包む熱風。手を入れたときはぬるかった水なのに、飛び込むと案外冷たい水中など思い出はたくさんある。

それから、プールに持っていくバッグだ。

プールバッグが一般的な呼び名だろうが、僕らは、水泳袋(すいえいぶくろ)と言っていた気がする。学校のプール用は、船乗りが担ぐようなズタ袋巾着型(色は紺色、女子は赤か)。近所のプールに行くときは、透明のビニール製トートバッグ(アニメキャラクターなんかがプリントされた)だった。

あのバッグの中には、水着とバスタオルとおやつを買う小銭が入っていた。

|

« 「夕日が背中を押してくる」のさびしさ | トップページ | SFマンガ「サイバーブルー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夕日が背中を押してくる」のさびしさ | トップページ | SFマンガ「サイバーブルー」 »