« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月30日 (水)

いれずみシール(駄菓子屋シリーズ)

駄菓子屋で売っていた「イレズミ」シールは、なかなか芸術性が高かった。竜や虎とか、サソリやヘビ、ドクロや妖怪といった強くて怖いイメージの絵が多かったと記憶する。

たとえば、昔の祭りの裏通りにあった見世物小屋みたいな、怪しくて、おどろおどろしい劇画タッチの不気味な絵は、なぜか気になってしまい脳裏に焼き付くのだ。

その使い方は、シールを台紙ごと水につけてから、シール面を肌に貼ってしばらく置くと、肌に絵がプリントされる仕組みである。

さて。個人的に思い出深いのでは、たとえば、ビックリマンのダジャレシリーズみたいなコミカルなイレズミがあったと思う。一番覚えているのが、確かスイッチかコインの絵で手首の内側に貼るのものだ。そこに10円玉を乗せ、手の指を順番に折っていくと手首の10円がジャンプするといった現象が起こるのである。

あれは、なんだったのか?

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

SFマンガ「サイバーブルー」

AI(人工知能)の進化とか、ICチップを体内に埋め込んでIDにするなんて、僕らの子供のころには遠い未来の話だった・・・。そんな現在、昔読んだ漫画を思い出した。

「CYBERブルー(サイバーブルー)」である。80年代の終わりに週刊少年ジャンプで短期掲載された。有名な「北斗の拳」ど真ん中だった僕らにとって、原哲夫さんの漫画を手に取るのは当然だった。

まず、近未来の違う星の世界で、主人公ブルーが死んでしまう始まりから、口の悪いオンボロのロボット(ファッツ)が自分の電子頭脳をブルーに移植するという話も少しショッキングだった。

かっこよかった登場人物として、賞金稼ぎのジョーキングも忘れてはなるまい。彼の星では”笑み”は別れを意味し、笑わない彼の最後にも目頭を熱くしたものだ。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

水泳バッグ

子供時代の夏。それは夢と希望に満ちた季節。

とくに、プールの日は、朝からワクワクだった。

あの肌をジリジリ焼くような日差しとムッと全体を包む熱風。手を入れたときはぬるかった水なのに、飛び込むと案外冷たい水中など思い出はたくさんある。

それから、プールに持っていくバッグだ。

プールバッグが一般的な呼び名だろうが、僕らは、水泳袋(すいえいぶくろ)と言っていた気がする。学校のプール用は、船乗りが担ぐようなズタ袋巾着型(色は紺色、女子は赤か)。近所のプールに行くときは、透明のビニール製トートバッグ(アニメキャラクターなんかがプリントされた)だった。

あのバッグの中には、水着とバスタオルとおやつを買う小銭が入っていた。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

「夕日が背中を押してくる」のさびしさ

秋の文化祭は、なぜだか、ちょっぴり悲しい。

その理由を考えていくと記憶に残るひとつの歌にたどりつく。

それは「夕日が背中を押してくる」(作詞:阪田寛夫 作曲:山本直純)だった。たしか、小学校の学習発表会で、よそのクラスが歌っていたんだけど、いつも夕日が差す教室の窓から、本番に向けた練習が聴こえていたのだ。

 

夕日が背中をおしてくる まっかな腕でおしてくる

歩くぼくらのうしろから でっかい声でよびかける

さよなら さよなら さよなら きみたち・・・

 

その歌詞の寂しさは、夕日の孤独を感じてしまうからだと思う。でも、次に続く歌詞「晩ごはんが待ってるぞ。あしたの朝ねすごすな。」で前向きにしてくれ、ちょっぴり救われるのである。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

マイムマイムはさびしい

マイム・マイムは、さびしい。

むかしは、ロシア民謡だと思っていたけれど、イスラエルの歌だと知った。

イメージでは、キャンプファイアなどを囲んで、みんなで手をつないで楽しく踊っているはずなのに・・・

あのメロディーは、どこか寂しいんだ。

たとえば、秋の夕暮れ。

文化祭の終わりとか・・・。

でも、くせになる。そんな曲。

 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »