« 吉川三国志の諸葛亮孔明 | トップページ | オマドーン(Ommadawn) »

2020年4月28日 (火)

自宅ゲームセンター化

子どものころに誰もが夢見ることのひとつは、自宅をアーケードやゲームセンターにしたい!・・・だろうと思う。少なくとも、僕はそうだった。たのしいゲーム台が並んでいる光景はユートピア、そのものである。

もちろん、大型のゲーム機やメダルゲーム台を集めることは、子供の自分には不可能なことだった。そこで最初に考えたのは、ファミコンを接続したテレビを2、3台並べてみることだった。(ちなみに、これは「ファミコンセンター」として事業化された)近所の友達やお兄ちゃんからゲーム機とテレビを借りて運んだのであるが、母親からこっぴどく怒られて、すぐに返却となった・・・。

次に、テレビゲームはあきらめて、小型の電子ゲーム機やゲーム盤を並べてみた。これは、そのひとつ、エポック社ジャックポットⅡ。

Superslot2

そのほかに、ビンゴゲームのガチャガチャ、お化け屋敷ゲーム、とこじんまりしたものになった。家に呼んだ友達も数分で飽きて、マンガを読み始めた。

・・・こうして、夢は夢のまま残された・・・

 

|

« 吉川三国志の諸葛亮孔明 | トップページ | オマドーン(Ommadawn) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉川三国志の諸葛亮孔明 | トップページ | オマドーン(Ommadawn) »