« ファミコン名曲集「バベルの塔・ビッグパスワード面」 | トップページ | スコイルマンではなく、スマイルマン »

2020年2月24日 (月)

今でも大切なビックリマンシール

三十年以上前に買ったビックリマンチョコ。そのおまけであるシールは、今でも大切に保管している。

Bikkurimanseals

当時、小学生だった僕らは、人気で品切れ状態のビックリマンを求めて、隣町の店まで遠征したものだ。一番最初に手に入れたヘッド(キラキラシール)始祖ジュラは、ヘビの王様といった感じでカッコよかったのだ。ちなみに、脱皮した姿のブラックゼウス(ホログラムシール)は今でも価値が高いけれど、残念ながら自分は友達と別のシールに交換してしまった。

ヘッド以外にも、天使が出ればまあまあ、お守りや悪魔ははずれといった感があった。だが、ぼくが今でも宝物としているお守りシールがひとつあって、それが「TEKUNO助(テクノすけ)」。

Tekunosukethumbnail2

その時代にはやっていた「ドクタースランプ・アラレちゃん」の鳥山明の仮の姿をほうふつとさせる姿にグッときたものだ。

 

 

|

« ファミコン名曲集「バベルの塔・ビッグパスワード面」 | トップページ | スコイルマンではなく、スマイルマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファミコン名曲集「バベルの塔・ビッグパスワード面」 | トップページ | スコイルマンではなく、スマイルマン »