« マスク・ド・パンサー(スーパーファイヤープロレスリング2) | トップページ | ファミコン名曲集「オホーツクに消ゆ」 »

2020年2月 9日 (日)

駄菓子屋ゲーム景品券ハンター

子どものころ、”景品券ハンター”と呼ばれた時期があった。

それはなにを意味するかというと、駄菓子屋に設置してある「エレメカ」と呼ばれる10円(メダル)ゲームをクリアすると貰える景品交換券を集めていたことから。店によっては、色や数字で交換できる金額が100円という高額なものもあったが、だいたいは、10円や20円交換券だったので、そんな券は景品に交換せずにそのまま持っていたのだ!

Keihinken1thumbnail2

ここでは、ルーレットのランプが止まったマークでメダルが増えるタイプのメダルゲームよりは、新幹線ゲームのように10円玉をパチンコで弾いて行ってゴールを目指すようなより原始的なゲーム機が近いだろう。

自分がもっとも得意だったのは、渦巻きの中にパチンコ玉をはじいて中心の穴に入れる「ブラックパンサー」。ただし、いつも景品券を持って帰るので、お店の店主から回数制限をされた悲しい思い出もある。

|

« マスク・ド・パンサー(スーパーファイヤープロレスリング2) | トップページ | ファミコン名曲集「オホーツクに消ゆ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスク・ド・パンサー(スーパーファイヤープロレスリング2) | トップページ | ファミコン名曲集「オホーツクに消ゆ」 »