« 火薬のにおい(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | ローラーヒーロー「ムテキング」 »

2019年4月27日 (土)

レオのうた(ジャングル大帝ED)

胸が熱くなる曲がある。

子供のころ見たアニメ「ジャングル大帝」もそうだ。男性的で雄大なオープニングもいいんだけど、個人的には、エンディングの「レオのうた」が好きだった。

歌のスピード感は、サバンナの大地を疾走する勇壮なレオの姿につながるんだけど、どこか王者の宿命や孤独がただよっていて寂しい。グッとくるのが”挑む夢 しあわせの”というフレーズである。この箇所は、なぜか目頭を熱くさせるのだ。

ちなみに、多くのテレビ番組でありがちなことなんだけど、この曲もテレビ放送とレコードの歌詞が、けっこう違っていて、意見のわかれるところである。でも、弘田三枝子さんの歌唱力には、文句のつけようがない。

|

« 火薬のにおい(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | ローラーヒーロー「ムテキング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火薬のにおい(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | ローラーヒーロー「ムテキング」 »