« 芸能山城組「AKIRA」 | トップページ | 「ゲームセンターあらし」の偽インベーダーキャップ »

2018年7月31日 (火)

コミック「コロコロ」と「ボンボン」

僕らの小学生時代にあった「コロコロ」と「ボンボン」は、一般的な週刊マンガ誌より小型だったが、分厚くてサイコロのようだった。(ちなみに、「コロコロ」の由来らしい・・・)

コロコロコミックは、「ドラえもん」など藤子不二雄作品が有名だった。のび太たちが、このパロディマンガ雑誌を読んでいたのを覚えている。あとは、「おぼっちゃまくん」や「つるピカハゲ丸」など、ギャグ系もヒットしていた。

一方、コミックボンボンは、ロボットメカ系がメインで、プラモデル同士が戦う「プラモ狂四郎」なんかが人気だった。当時、’ガンプラ’ブームが始まって、子どもたちが、ガンダムのプラモを買うきっかけにもなった。

ちなみに、僕らの学校では、”コロコロは低学年向け”みたいな風潮があったのだが、なぜか、ときどき、バカバカしいコロコロのギャグが無性に見たくなったりした。

その後、ボンボンはなくなってしまったが、今でもコロコロは健在である。

|

« 芸能山城組「AKIRA」 | トップページ | 「ゲームセンターあらし」の偽インベーダーキャップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミック「コロコロ」と「ボンボン」:

« 芸能山城組「AKIRA」 | トップページ | 「ゲームセンターあらし」の偽インベーダーキャップ »