« ルパン三世のオープニング(初期シリーズ) | トップページ | ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 »

2018年5月13日 (日)

久保田早紀「異邦人」

「異邦人」という言葉の響きは、エキゾチックでいて、なぜか郷愁も感じさせる。

1980年代をふりかえるときに、その思い出の中に、久保田早紀さんの歌う「異邦人」が流れる人は、けっこう多いのではないか。

歌詞は、失恋をした女性が異国を旅する内容にすぎないのだが、自分が異邦人になって、はじめて、相手の立場も理解できたところに救いがある気がする。

それにしても、詩のはじまり「子どもたちが 空に向かい 両手を広げ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている」やメロディの変化する「空と大地が ふれ合う彼方」などは、とても雄大で、幻想的だ。

ちなみに、EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)のカバーも歌い手の声やジャズ・テイストの強い伴奏がぴったりとハマっていて、カッコいいよ。

それから、高校時代に読んだ新潮文庫のカミュ「異邦人」の表紙にあった異国の路地の絵も忘れることができない・・・。

|

« ルパン三世のオープニング(初期シリーズ) | トップページ | ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久保田早紀「異邦人」:

« ルパン三世のオープニング(初期シリーズ) | トップページ | ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 »