« 久保田早紀「異邦人」 | トップページ | むかしのガム »

2018年5月14日 (月)

ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」

80年代、ジューシィ・フルーツのデビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」の強烈な印象は、ボーカルのイリアさんなしには語れない。

彼女の高い歌声は、その愛くるしい容姿にピッタリとハマっていて、人を不快にさせないどころか、妙にクセになってしまう。それから、一見、飾りかなと思ってしまうギターなのだが、なかなかヘビーなギターソロを奏でて見せ、そのギャップにしびれる。

ちょっと独特で、魅力的な雰囲気を持つこの曲は、その後もたくさんのアーテイストたちにカバーされているが、個人的には、Perfume(パフューム)の歌う「ジェニーはご機嫌ななめ」は、そのダンスと相まって、カッコよかった。

あの頃から、ちょっと不思議系ミュージックも、脈々とつながっている・・・。

|

« 久保田早紀「異邦人」 | トップページ | むかしのガム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」:

« 久保田早紀「異邦人」 | トップページ | むかしのガム »