« トムとジェリー「メリー・クリスマス」 | トップページ | 久保田早紀「異邦人」 »

2018年5月 9日 (水)

ルパン三世のオープニング(初期シリーズ)

チャーリー・コーセイが歌うルパン三世(初期シリーズ)のオープニングには、心躍らされた。

 

ちなみに、バイクの背景が夕焼けか朝焼けかで迷うエンディングの方は、
→過去記事「ルパン三世のエンディング」へ

 

その歌詞が、ほぼルパンの名を連呼するだけなのだが、あれだけ聴く者を魅了するのは、歌い手の技量によるところが大きいはずだ。

 

いろんなパターンがあったけれど、個人的には、けだるい感じの「ルパン・ザ・サード」を歌い続けるものがいい。当時流れていた発音が英語に近いパターンのほかに、「サード」をはっきり日本語で発音しているバージョンも存在する。

 

なにがいいかというと、ゆったりとしたけだるいBGMとオープニング・シーンでルパンが疾走するスピード感とのギャップにグッとくるのである。

 

|

« トムとジェリー「メリー・クリスマス」 | トップページ | 久保田早紀「異邦人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルパン三世のオープニング(初期シリーズ):

« トムとジェリー「メリー・クリスマス」 | トップページ | 久保田早紀「異邦人」 »