« ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 | トップページ | 沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」 »

2018年5月15日 (火)

むかしのガム

駅のキオスクや売店などで最初に見るのが、並べられたガムだった。それから、5、6種類のガムが選べる自動販売機なんかも、ときどき、見かけた。

まずは、ロッテの細長い板型をしたチューイングガム。すぐに味のなくなってしまうコーヒー、ブルーベリー、梅が自分の定番だったが、すごくなつかしいものでは、

・黄色に黒いロゴ→ジューシー&フレッシュ(自分はフルーツミックスと呼んでいた)
・白色にライオンのマーク→スペアミント(自分はホワイトガムとよんでいた)

なんかもあった。途中から、レモン味も発売された。こちらもすぐに味がなくなった。

それから、おそらく、カネボウの付録付きガムで、フーセンガムだったと思うのだが、何味なのか思い出せないガムがある。白い板型をしていて、味は薬品のような甘さをしていて、フレーバーも独特だった。

それから、アイスの中にガムで作られた棒が埋まっている「ガムンボ」なるアイスには、ビックリした。また、アメの中にガムが入っている「どんぐりガム」には、くじがついていたと思う。

どうしても、あのガムの味が思い出したいのであるが・・・。

|

« ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 | トップページ | 沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むかしのガム:

« ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」 | トップページ | 沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」 »