« ホワイト・コーラ | トップページ | つるべえ »

2015年5月 3日 (日)

ホッピングアイ

「ホッピングアイ」または「ポッピングアイ」とは、コンタクトレンズを一回り大きくしたようなゴム製のおもちゃ。ある時期から、ガチャガチャの(ハズレ?)景品として登場した。いろんな色があったけれど、ブルーが一般的だったか。

遊び方は、ゴムの表面をひっくり返して、テーブルや床などに置いておくと、しばらくして、ゴムの反動でホッピングアイが飛び上がるのだ。この”ビックリ”感が、ちょっぴり病み付きになってしまうのだった。

少し変わった遊び方では、ゴムの真空状態を利用した吸盤として使い、複数のホッピングアイを顔中に貼り付けて見せる子供も多かった。

あと、個人的なはなしであるが、大人になってからコンタクトレンズを使用していた頃、なぜか、よく夢にホッピングアイが登場した。なかなか眼に入れられず、焦っていた気がする。

|

« ホワイト・コーラ | トップページ | つるべえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホッピングアイ:

« ホワイト・コーラ | トップページ | つるべえ »