« ゴム製のキバ(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | 通信学習 »

2015年5月17日 (日)

ロケットえんぴつ

僕らの小学校では、鉛筆の使用(HB以上の濃さ)が推奨されていて、シャープペンシルこと「シャーペン」は基本的には禁止されていた。そこで、ブームになったのが「ロケット鉛筆」だった。

一見、ボールペンにも見える透明プラスチック製の筒の中には、鉛筆の芯が付いたプラスチック替え芯が何個もつながっていて、ペンから出ている先頭の替え芯で字を書く。その芯がすり減って短くなったら、外して、ペンの後ろの穴から替え芯の列の最後尾に回すのだ。そうすると、今度は二番目にあった芯が先頭に押し出されて、また新しい芯で書けるという仕組みで、それをくりかえせば、すべての芯を使うまで字が書けるのである。

その形状は、なんとなく「吹き矢」にも似ていた。それから、自分が使っていたロケット鉛筆の替え芯は藤色だったが、友達の持っていた他の色の芯と何個か交換して、それらを交互につなげてカラフルにした思い出がある。

|

« ゴム製のキバ(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | 通信学習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロケットえんぴつ:

« ゴム製のキバ(駄菓子屋シリーズ) | トップページ | 通信学習 »