« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

ツチノコ

とくに子供の頃、ロマンに満ち溢れた世界のキーワード。それは「未確認」だ。

現代科学では説明のできない現象「超能力」や飛行物体「UFO」、それから、世界中で目撃情報や伝説だけが語り継がれる幻の「未確認生物(UMA)」だ。有名なところでは、ネス湖のネッシー、ヒマラヤの雪男、ロッキー山脈のビッグフットから、日本では、河童、天狗、人魚、大蛇、ヒバゴン・・・。

その中でも、もっとも”近くに存在していそうな”生物が、「ツチノコ」ではなかっただろうか?

日本中で目撃情報があったツチノコには、懸賞金などもついたため、各地で捜索隊も作られた。その短い胴体をしたヘビには、毒があるとか、3メートルくらいジャンプするとか、様々な噂があったのだが、口で自分のしっぽを咥えてタイヤのように転がるといった話には、ちょっと笑えた。

しかし、個人的にも、その存在を信じてしまうエピソードがあった。それは、ある日の小学校で同級生が、夏休み中、祖父母が住む田舎で、ビール瓶のような蛇を見たことを語ったのだ。本人は、ツチノコというものを知らなかったらしく、そのまま次の話題に進みそうになったため、クラスのみんなは慌てて、詳細を尋ねたのだった。

彼の話によると、そのヘビは、田んぼ付近にあるコンクリートの浅い溝の中にいたらしい。長さは30cmくらいで、形は本当にビール瓶を飲み込んだようだったと言う。その友人は、ちょっと気味が悪くなって、家の人を呼びに行ったのだが、戻ってきたときにはいなくなっていたという。

・・・伝説は、伝説のまま残されたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

通信学習

「通信学習」は、毎月決まった日に教材が自宅に届き、そのテキストで学習をする。「赤ペン先生」などの添削型では、解いた問題や文章を返信して、講師に詳細なアドバイスももらえる。

さて、自分がやった通信学習を思い出してみると、小学校低学年の頃は「ポピー」というのがあった。毎月、折りたたまれた厚紙のケースで送られてくるのだが、その表紙の写真がきれいで、いつもジャポニカ学習帳を思い出したものだ。

途中からは「学研」になったと思う。正式名に「科学と学習」とあるように、理科がメインのようで、なんといっても付録に付いてくる実験用品が目当てだった。一番よく覚えているのは「カブトエビ」で、付録の袋に入っている粉をコップに入れた水の中に溶かすとカブトエビが生まれるというものだった。当時、化石などに興味があった自分は、勇壮な「カブトガニ」をイメージして楽しみにしていたのだが、カブトエビは小さいプランクトンのようで、ちょっぴりガッカリした。

その後、英語に目覚めた高校時代には、「イングリッシュ・アドベンチャー」や「SIM方式」などもやった。いつの時代も届いた新しい教材にワクワクしたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

ロケットえんぴつ

僕らの小学校では、鉛筆の使用(HB以上の濃さ)が推奨されていて、シャープペンシルこと「シャーペン」は基本的には禁止されていた。そこで、ブームになったのが「ロケット鉛筆」だった。

一見、ボールペンにも見える透明プラスチック製の筒の中には、鉛筆の芯が付いたプラスチック替え芯が何個もつながっていて、ペンから出ている先頭の替え芯で字を書く。その芯がすり減って短くなったら、外して、ペンの後ろの穴から替え芯の列の最後尾に回すのだ。そうすると、今度は二番目にあった芯が先頭に押し出されて、また新しい芯で書けるという仕組みで、それをくりかえせば、すべての芯を使うまで字が書けるのである。

その形状は、なんとなく「吹き矢」にも似ていた。それから、自分が使っていたロケット鉛筆の替え芯は藤色だったが、友達の持っていた他の色の芯と何個か交換して、それらを交互につなげてカラフルにした思い出がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

ゴム製のキバ(駄菓子屋シリーズ)

僕らが子供の頃にあったガチャガチャの景品に「キバ」シリーズがあった。

これは、ドラキュラが持つような尖った牙の生えたゴム製の歯型で、これを口にはめて見せて遊ぶというものだった。オーソドックスなドラキュラタイプから、所々歯の抜けているものまで、いくつかのパターンがあった。また、蛍光塗料の塗られたものもあって、駄菓子屋で売られていた「いれずみ」シールや「けむり」カードに並ぶ、”妖怪系”のグッズだった。

ただし、ヨダレでベトベトになってしまうので、友達から「ちょっと貸して」と言われると困ってしまうのだったが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

つるべえ

1980年前後に販売された玩具「つるべえ」。

正式名称に「うなぎ小僧つるべぇ」とあるように、うなぎのようにヌルヌルして、手から逃げていく様子がおかしいおもちゃである。ちくわのような形状をしたゴム製のフクロの中に柔らかい液体が詰まっていた。

CMで流れていた歌の文句「ツルツルツルツル、ツルツルツルツル、ツールベー」も懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

ホッピングアイ

「ホッピングアイ」または「ポッピングアイ」とは、コンタクトレンズを一回り大きくしたようなゴム製のおもちゃ。ある時期から、ガチャガチャの(ハズレ?)景品として登場した。いろんな色があったけれど、ブルーが一般的だったか。

遊び方は、ゴムの表面をひっくり返して、テーブルや床などに置いておくと、しばらくして、ゴムの反動でホッピングアイが飛び上がるのだ。この”ビックリ”感が、ちょっぴり病み付きになってしまうのだった。

少し変わった遊び方では、ゴムの真空状態を利用した吸盤として使い、複数のホッピングアイを顔中に貼り付けて見せる子供も多かった。

あと、個人的なはなしであるが、大人になってからコンタクトレンズを使用していた頃、なぜか、よく夢にホッピングアイが登場した。なかなか眼に入れられず、焦っていた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

ホワイト・コーラ

ある日、僕らの小学校で、「白いコーラ」のニュースが広まった。

「ホワイト・コーラ」と呼ばれるソーダ水は、森永から発売された「ミラクルアルファ」という飲み物だった。でも、当時の子供たちの多くは、同時期に発売されていた「コカコーラ・ライト」を”ホワイトコーラ”だと思っていたはずだ。なぜなら、ライトの缶が白かったからだ・・・。

そのおかげで、本物(?)であるはずの「ミラクルアルファ」を飲んだという同級生は”うそつき”という汚名を着せられることとなったのだ。

ちなみに、同時期に流行ったコーラの飲み方として、缶ジュースのプルトップ(まだ、分離するタイプ)の真ん中に安全ピンなどで小さな穴をあけて、そこを指で押さえて激しくシェイクしてから、勢いよく噴出する液体を飲むというのがあった。

また、近所の駄菓子屋では、小さな茶色いビンに入った「ベビーコーラ」なるものも置かれていて、小型の冷蔵庫の横に付いた栓抜きでフタを開けて、さらに、その蓋の裏にあるシールをめくって”あたり”があるともう一本もらえた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »