« 2時のワイドショー・木曜心霊特集 | トップページ | ミルクセーキ »

2015年4月11日 (土)

どおくまん『暴力大将』

高校時代に通った近所の本屋のマンガコーナーで、「ドカベン」などでおなじみの秋田書店の棚に並んでいたのが「暴力大将」だった。そのインパクトのあるタイトルに思わず手にしたのだった。

作者のどおくまんは、「嗚呼!!花の応援団」に代表されるギャグマンガが有名で、「暴力大将」の初期もコメディ路線に見えたのだが、物語が進んでいくうちに、ロマンに満ちた歴史大作といったおもむきの感動巨編になった。

ケンカが強いだけの乱暴な少年だった主人公の力道剛が、波乱万丈な経験をしながら成長して、仲間たちと共に大事業を成していく。その風貌も、だんだん、高倉健のような男気あふれるシブさを増していくのが興味深い。

多くの個性豊かな登場人物のなかでも、一番、人気の高いキャラは、部下の黒木だろう。少年院で仲間になって以来、力道軍団のナンバー2として、いつも冷静沈着に力動をサポートしている。外見も「サイボーグ009」に出てくる004に似てクールだった。こういったキャラがいることで、物語全体に厚みが出てくるのだ。

|

« 2時のワイドショー・木曜心霊特集 | トップページ | ミルクセーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どおくまん『暴力大将』:

« 2時のワイドショー・木曜心霊特集 | トップページ | ミルクセーキ »