« ファミコン名曲集・迷宮組曲 | トップページ | 松本零士『キャプテン・ハーロック』 »

2015年3月16日 (月)

ジャニス・ジョプリン「サマータイム」

「サマータイム(Summertime)」は、素敵な曲だ。アメリカの作曲家ガーシュウィンのオペラ「ポーギーとベス(Porgy and Bess)」の中で歌われる。ちなみに、ガーシュウィンの代表作「ラプソディー・イン・ブルー」は、以前に紹介した。

「ラプソディー・イン・ブルー」紹介記事

この「サマータイム」は、ジャズなどでもおなじみで、世界の様々な歌手たちに何度もカバーされてきたのだが、もっとも衝撃的だったのは、ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)の歌うサマータイムではなかったかと思うのだ。

あの酒やけしたしゃがれ声から絞り出されるメロディは、上手く表現できないのであるが、聴く者を一発で音楽世界に引きずり込む迫力があるのだ。

彼女たちが生きたのは、僕らの生まれるずっと前の時代だったけれど、現代の音楽にも色濃く影響を残している。そして、たった27年という短い生涯だったが、だからこそ美しいジャニスの魂の叫びは、今も世界中の心に響く。

|

« ファミコン名曲集・迷宮組曲 | トップページ | 松本零士『キャプテン・ハーロック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャニス・ジョプリン「サマータイム」:

« ファミコン名曲集・迷宮組曲 | トップページ | 松本零士『キャプテン・ハーロック』 »