« レディオヘッド『OKコンピューター』 | トップページ | ファミコン名曲集・迷宮組曲 »

2015年2月26日 (木)

水曜日のテレビ番組(80年代)

小学生時代、水曜日は朝から憂鬱だった。なぜなら、学校が終わってから、スイミングスクールに行かなければならなかったからだ。ただし、スクール終了後に食べるお菓子の美味しさと解放感は、僕を最高の気分にしてくれた。それから、家に帰ってからは、僕のゴールデンタイムで、ウキウキした気持ちでテレビを見れたのだ。

まず、絶対的に最優先されるテレビ番組は、「水曜スペシャル」だ。あの”川口浩探検隊”が放送される日は、必ず7時半からこのチャンネルである。
よく覚えている回は、「猿人バーゴン」と「二つの頭を持つ大蛇ゴーグ」。いつも「その時だった!」というナレーションで場面がいいところに入りそうになると、だいたいCMになり、その時間の長さと言ったら”永遠”かと思えるくらいに感じられたものだ。

以下、一般的な日のプログラムである。

夕食後の7時からは、アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」。ペンギン村で巻き起こる事件やキャラたちには笑えた。その後に「ドラゴンボール」シリーズが続いた。

7:30からは、同じチャンネルの「うる星やつら」。自分の年齢が上がってくるにつれて面白くなった気がする。とくに、オープニングやエンディングの曲が、ちょっぴり切なかった。

8時からは、「わくわく動物ランド」。なんといっても、”エリマキトカゲ”だろう。そのグッズを収集した思い出がある。それから、”千石先生”も忘れてはなるまい。

9時からは、「欽ちゃんのどこまでやるの」。ボーとした見栄晴や上手くしゃべれない斉藤清六が好きだった。それから、三人娘わらべの歌では、楽しくて明るい「めだかの兄妹」も、ちょっとさびしい感じの「もしも明日が」も記憶に残っている。

だいたい、水泳で疲れているので、「欽どこ」の途中で寝てしまうのが常だった。ちなみに、同時間帯に「水曜ロードショー」もあったはずだが、あまり記憶にない。


|

« レディオヘッド『OKコンピューター』 | トップページ | ファミコン名曲集・迷宮組曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水曜日のテレビ番組(80年代):

« レディオヘッド『OKコンピューター』 | トップページ | ファミコン名曲集・迷宮組曲 »