« ノッポさんとゴン太くん「できるかな」 | トップページ | レディオヘッド『OKコンピューター』 »

2015年2月22日 (日)

ファミコン名曲集・三國志

一般的なファミコンソフトに比べて、大きくて値段も高かった光栄の歴史シュミレーション・ゲーム。「信長の野望」も人気があったけれど、自分は「三國志」しかやったことがない。その代わり、いろんな君主で何度も遊んだ思い出がある。

強く印象に残っているのが、ゲームを盛り上げてくれた音楽だ。

タイトル画面で流れる荘厳で勇ましいテーマは、メインの音楽のようで、ゲーム全体にいろいろなパターンで使われていた。

なぜか、黄河沿いの都市のBGMは、ほのぼのとしていて、はかない感じだったのが不思議だった。でも、窓から入ってくる春の風のようで心地よかった。

自分が好きだったのは、たしか、荊州などで流れていたBGMで、少しテンポが速いのだけど、どこか切なくて悲しい感じがよかった。自分なりに表現するなら、八木節とか、日本の民謡などにある雰囲気を感じた。

でも、もっとも悲しかったのは、政略結婚で嫁に行かされる姫様の音楽だろう。

|

« ノッポさんとゴン太くん「できるかな」 | トップページ | レディオヘッド『OKコンピューター』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファミコン名曲集・三國志:

« ノッポさんとゴン太くん「できるかな」 | トップページ | レディオヘッド『OKコンピューター』 »