« ゲゲゲの鬼太郎、あかなめの回 | トップページ | ファミコン名曲集・太陽の神殿 »

2015年1月19日 (月)

サイボーグ009オープニング「誰がために」

子供時代に聴いたもっともカッコイイオープニング曲は、文句なくサイボーグ009の「誰がために」である。

 

 

原作者でもある石森章太郎さんの歌詞が勇ましくも、世界のために戦わざるを得ない戦士たちの心情が少し悲しい。

 

"涙で渡る血の大河 夢見て走る死の荒野"

 

は、特にグッとくるパートだ。(サイボーグの涙のシーン)

 

ちなみに、自分はずっと、

 

"吹きすさぶ風が良く似合う 九人の戦記と人の言う"

 

という歌詞の「戦記(せんき)」の部分を「戦鬼」だと思っていた。

 

それから、2000年代にリメイクされたアニメも現代風でかっこいい。

中でも、全身が兵器の004がシブい味を出す。銀髪と黒目の薄い瞳、それから、マシンガンの指は目立つ。

ちなみに、009ことジョーは、日本人と西洋人のハーフらしいのだが、アメリカ出身の芸人パックンに似ている気がするのは僕だけではないだろう・・・。

|

« ゲゲゲの鬼太郎、あかなめの回 | トップページ | ファミコン名曲集・太陽の神殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグ009オープニング「誰がために」:

« ゲゲゲの鬼太郎、あかなめの回 | トップページ | ファミコン名曲集・太陽の神殿 »