« 反三国志 | トップページ | エポック社カセットビジョン »

2014年5月17日 (土)

北方三国志6巻

多くの群雄が割拠する初期から、
勝ち残った三国がしのぎを削る後期へ。
その流れをつくった物語の中盤にあたる巻。
 
北方三国志の第6巻は、ちょっと地味ではあるが面白い。
 
 
曹操が中原から河北を統一して、
いよいよ時代は、赤壁の戦いへと動き始めるのだ。
 
そして、ついに諸葛亮が登場する。
個人的に共感できたのは、
諸葛亮が自分の才能を生かせず、
世に出られないことをすねた青年として描かれている点だった。
”自分は、このまま終わるのだろうか?”
なんかは、20代の若者が一度は持つ嘆きだろう。
 
もうひとつ、個人的に好きだったのは、
関羽が酔っぱらって愚痴をこぼすシーンだ。
 
騎馬隊を率いる張飛や趙雲に良い馬を回すので、
歩兵部隊の関羽の馬は、かなり劣っているのだった。
養子の関平に介抱されながら、二人で家に帰るところは、なんだか良かった。
(ちなみに、その後、関羽は赤兎馬の子である名馬に乗ることになる)

|

« 反三国志 | トップページ | エポック社カセットビジョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方三国志6巻:

« 反三国志 | トップページ | エポック社カセットビジョン »