« 源平討魔伝 | トップページ | ビクター「ロボット・コンポ」 »

2014年1月24日 (金)

「音楽について話をする」村上春樹、小澤征爾

僕が二十歳だったある日、日本を出るときにカバンに入れた本が3冊あった。

そのうちの二冊は、村上春樹「風の歌を聴け」と小澤征爾「僕の音楽武者修行」だ。自分の海外での武者修行を支えてくれた二人が対談したのだ。それが、「小澤征爾さんと、音楽について話をする」である。

小澤征爾さんと、音楽について話をする

二人が、縦横無尽に音楽について語り会う。基本的には、村上さんがトピックを投げかけて、それについて小澤さんが語るという形式ではあるのだが、小澤さんの強固で強烈な音楽観を独走させることなく、村上さんが普遍性をあてはめようとするやり取りが面白い。

今では”巨匠”になってしまった二人であるが、スクーターに乗ってヨーロッパを駆け回ったり、自分のバーのカウンターで原稿を書きなぐっていた時代の熱い信念は、あのときのままだ。

|

« 源平討魔伝 | トップページ | ビクター「ロボット・コンポ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「音楽について話をする」村上春樹、小澤征爾:

« 源平討魔伝 | トップページ | ビクター「ロボット・コンポ」 »