« 北風小僧の寒太郎(みんなのうた) | トップページ | 寺山修司の詩 »

2013年11月25日 (月)

二鶴堂「卑弥呼の詩」(ローカルCM)

福岡県にある二鶴堂の銘菓「卑弥呼の詩(ひみこのうた)」のTVコマーシャルは、80年代前半に九州北部エリアで放送されていたと思う。ちょっと不気味で幻想的なCMは、強く印象に残っている。

映像は、夕日を反射させる水面が揺れていて、弦を弾く不気味な音と共に、卑弥呼と思われる女のシルエットが振り返る・・・そんな感じだった。

ナレーションの文句が、また名言で、よーく覚えているのだ。

・・・その姿を映したのだろうか銅鏡よ。

たった二千字の文字が伝える卑弥呼の伝説。

ひと齧りの甘さが古代へいざなう、卑弥呼の詩・・・

(最後の一文で、現在に戻ってくる感じがホッとする)

ちなみに、同じシリーズの「シルクロードの詩」というお菓子もあって、その空き箱にガンダムシールを集めていた記憶もある。

|

« 北風小僧の寒太郎(みんなのうた) | トップページ | 寺山修司の詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二鶴堂「卑弥呼の詩」(ローカルCM):

« 北風小僧の寒太郎(みんなのうた) | トップページ | 寺山修司の詩 »