« 「コピーは三田」CM | トップページ | ジャンプバグ、サスケVSコマンダー(駄菓子屋シリーズ) »

2013年10月 2日 (水)

風見慎吾「涙のtake a chance」

僕らにとって、ブレイクダンスといえば、風見慎吾(風見しんご)さんである。

欽ちゃんの番組を見ていた影響で、小学4年のとき、同じクラス(3組)の仲間と一緒にブレイクダンスを始めたのだ。もちろん、ウェーブとか、バックスピンとか初歩的な技ばかりで、最後のころに、ちらほらとバク転ができるようになったくらいだったが。

そんなときに、一世風靡セピアのダンスをやっていた他のクラス(たしか1組)のチームが、当時ウルトラC級の「バク宙」を成功させたのだ!彼らには担任の先生の支援があったとはいえ、このニュースに僕ら3組の男子は、大きな敗北感を覚えたものだ。

ちなみに、ブレイクダンスを世に広めた風見さんの大ヒット曲「涙のtake a chance」をカセットテープに録音して練習していた。

歌の途中で、ダンスの始まる合図である「カモン!トミー!」というセリフが聞き取れなかったことと、サビの部分を「息が止まったら、死ぬ!」という替え歌にしていたことをよーく覚えている。

|

« 「コピーは三田」CM | トップページ | ジャンプバグ、サスケVSコマンダー(駄菓子屋シリーズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風見慎吾「涙のtake a chance」:

« 「コピーは三田」CM | トップページ | ジャンプバグ、サスケVSコマンダー(駄菓子屋シリーズ) »