« ファミコン名曲集・アルゴスの戦士 | トップページ | アルゴ探検隊の大冒険 »

2013年8月13日 (火)

ガスコイン「モンスター事典」

「FF(ファイティングファンタジー)」「D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)」という名を聞いてビビッとくる人もいるだろう。そう、80年代に流行したアドベンチャー・ゲームブックの人気シリーズである。(D&Dの方は、RPGボードゲーム)

そして、その物語の世界に登場するモンスターを集めた「モンスター事典」は素晴らしい本だった。それぞれのモンスターの特徴や強さなどを解説しており、とくに繊細なタッチのデザインには、とても迫力があった。

モンスター事典―ファインティング・ファンタジー (現代教養文庫)

時代的にも、ファミコンに「ドラゴンクエスト」が登場して「RPG(ロール・プレイング・ゲーム)」という言葉が一般的なものになったころで、同時期に「ハイドライド・スペシャル」や「ワルキューレの冒険」なんかもあったが、その後に登場する「ウィザードリィ」がキャラクター的には近かったと思う。

紹介されるキャラクターの中には、神話にも登場する空想のキャラクターに混じって、犬やカラスなど普通の動物がいたのも興味深い。しかし、子供のころは、地味な妖精系モンスターなどはパラパラ進んで、ドラゴンなど強そうなモンスターのページばかり読んでいたものだ。さらに、ドラゴンにも階級があって、ブラックドラゴン、ゴールドドラゴンなんかには痺れた。個人的には、ゴーレムが好きだった。

ちなみに、どのゲームでも冒険の初期に登場する不動のモンスター「スライム」を忘れてはならない。日常で見かけたら、もっとも気持ち悪いモンスターに違いない。

本棚にゲームブックとファミコンのソフトを並べて、にんまりとしていたころが懐かしい・・・。

|

« ファミコン名曲集・アルゴスの戦士 | トップページ | アルゴ探検隊の大冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガスコイン「モンスター事典」:

« ファミコン名曲集・アルゴスの戦士 | トップページ | アルゴ探検隊の大冒険 »