« 人形劇三国志 | トップページ | スネークマンショー「急いで口で吸え」 »

2013年3月 8日 (金)

西岸良平「魔術師」

西岸良平の短編集で「地球最後の日」と並んで好きなのが、「魔術師」だった。

→ 西岸良平「地球最後の日」紹介記事

収録作品で印象的だったのが、「サバイバル」。

入試に向かっている受験生が、電車の中でお腹が痛くなって、途中の駅で降りるところからストーリーが始まる。通常使われるトイレが清掃中で、古いトイレに入ってなんとか落ち着いたのであるが、そこに閉じ込められてしまい、その後数年間、トイレの中で自給自足して生き延びるのである。トイレの下水が東京湾とつながっていて、着ていたセーターを解いて作った糸とクリップて作った釣り針で魚を釣り上げたシーンは感動的だった!

他にも、後半のSFシリーズは、「シリアス」なものから「ほのぼの」系まで充実していて、サラッと楽しめる。

|

« 人形劇三国志 | トップページ | スネークマンショー「急いで口で吸え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西岸良平「魔術師」:

« 人形劇三国志 | トップページ | スネークマンショー「急いで口で吸え」 »