« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月31日 (火)

風の歌を聴け【英語文庫】

"Hear the wind sing"(翻訳 Alfred Birnbaum)は、

村上春樹さんのデビュー作「風の歌を聴け」の英語翻訳版である。

英語に翻訳されたものが、あまり違和感を感じないのは、もともとの日本語の文章によるところが多いと思う。たしか、村上さんは、最初に英文で書いてから文章を和訳する・・・みたいなことを語っていた気がする。

この作品の中核である、有名なこの文章から始まる。

“There's no such thing as perfect writing, just like there's no such thing as perfect despair.”

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

ほかにも作品のいたるところに、こじゃれた表現があって、あまり考え事をしたくないときなどに読むとリラックスできる。

the dreams of her seventy-nine years quietly dispersed like a passing summer shower on a shopping street, leaving not a   thing behind.

「彼女が79年間抱き続けた夢は まるで舗道に落ちた夏の通り雨のように静かに消え去り、後には何ひとつ残らなかった。」

, I could make out freighters floating grimly offshore.

「沖に貨物船がうんざりしたように浮かんでいるのが見えた。」

【関連記事】名言集「文明とは伝達である」

全体の文章は、まさにそよ風のように軽い感じで、何度読んでも楽しめる詩集のようである。とくに、あの学生時代の退屈な帰省を経験した人におすすめしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »