« 【洋書】アダムとイブの日記 | トップページ | 【洋書】ザ・シークレット »

2012年4月29日 (日)

英文法、ネイティブが教えるとこうなります

自分の場合、長く英語を使ってきたのに、いまだにハッキリしない点が多々ある。たとえば、「a」と「the」の冠詞とか、助動詞の微妙なニュアンスとかである。

この書籍は、その辺も含めて分かり易く解説してると思う。それ以外にも、前置詞、時制などのニュアンスの違いを教えてくれる。

個人的に一番おもしろかったのは、

アドバイス時に普通に使っていた、「had better」には、脅しのニュアンス(さもないと、悪いことが起こるよ・・・みたいな)が含まれているので、できるだけ「need to」を使った方がよいというところだった。

「ニュアンス」を知るには、やっぱり、場数を踏んでいくしかないのかもしれない。

|

« 【洋書】アダムとイブの日記 | トップページ | 【洋書】ザ・シークレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英文法、ネイティブが教えるとこうなります:

« 【洋書】アダムとイブの日記 | トップページ | 【洋書】ザ・シークレット »