« 呂布奉先 | トップページ | 池谷裕二「進化しすぎた脳」 »

2012年4月16日 (月)

「Diva Dance」、映画「フィフス・エレメント」より

リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィルス主演の映画「フィフス・エレメント(:The Fifth Element)」の中で、宇宙オペラ歌手ディーヴァの歌声は、静寂からはじまり、その後一転して燃え上がり、ダイナミックにシーン展開を盛り上げる。「DIVA DANCE」である。

このキャラクターの声は、アルバニアのオペラ歌手のインヴァ・ムラが担当し、その歌も彼女が歌っている。ほぼすべての部分を、人間では出せないと思われた領域で歌ってみせ、映画の音楽担当者たちを驚愕させたのである。

なお、この歌に挑戦する人たちが世界中にたくさんいて、中でもすごいのが、YouTubeなどで有名になったアメリカ人女性のローラさん(Laura Workman McMurtrey)は、テンポの上がる後半部分を肉声でやってのけている。

90年代のちょっと古い映画だけれど、この映画を忘れないのは、あの歌声のおかげだと思う。

|

« 呂布奉先 | トップページ | 池谷裕二「進化しすぎた脳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Diva Dance」、映画「フィフス・エレメント」より:

« 呂布奉先 | トップページ | 池谷裕二「進化しすぎた脳」 »