« ベア・グリルス「MAN vs WILD」 | トップページ | 呂布奉先 »

2012年3月16日 (金)

阿川 泰子

ジャズ・ヴォーカリストの阿川 泰子さんは、黒人の女性ヴォーカルでは出せない繊細さを表現できる。

阿川さんが歌う三田工業のCM(「コピーは三田」のやつ)は、幻想的な世界観と少し不思議なメロディがマッチして、ずっと印象に残っている。特に好きだったのが、1985年「Good-Bye」 、1993年「Boy On A Dolphin」である。

「Good-Bye」は、恋愛の終わりをテーマにした切ない歌だが、阿川さんが歌う感じだと、悲しみを越えて、未来へ進む前向きな感じがして好きだった。他の曲では「In A Sentimental Mood」もいい。

「Boy On A Dolphin」は、高校時代にコマーシャルで聞いたときは、たしか、イタリア語だったと思うが、CDで買ったものは英語で歌っていた。(元は、ソフィア・ローレン主演の映画「島の女~イルカに乗った少年」で歌われていた)同じCDに入っている「「ロミオとジュリエット」~ホワット・イズ・ア・ユース 」もカッコイイ。

|

« ベア・グリルス「MAN vs WILD」 | トップページ | 呂布奉先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿川 泰子:

« ベア・グリルス「MAN vs WILD」 | トップページ | 呂布奉先 »