« デール・カーネギー「道は開ける」 | トップページ | アナンダ・シャンカー »

2011年11月24日 (木)

ロバート・へリック

薔薇のつぼみは早く摘め、

時は過ぎ行く、

今日咲き誇る花も

明日は枯れる。

 

ロバート・へリックの本

ロビン・ウィリアムス主演の映画「今を生きる」(原題:Dead Poets Society)で有名になった詩だ。古代ローマの詩人ホラティウスの”Carpe diem(カルペ・ディエム)”「日々を掴め」から色濃く影響を受けたものだという。

過去の失敗も、未来の不安も、いくら悩んだところで、どうすることもできない。だからこそ、連続する「今」だけに集中して生きること。

 

"To the Virgins, to Make Much of Time" ,Robert Herrick

Gather ye rosebuds while ye may,

Old Time is still a-flying;

And this same flower that smiles today,

Tomorrow will be dying.

ロバート・へリックの本

|

« デール・カーネギー「道は開ける」 | トップページ | アナンダ・シャンカー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・へリック:

« デール・カーネギー「道は開ける」 | トップページ | アナンダ・シャンカー »