« 「はれときどきぶた」、「ズッコケ三人組」シリーズ | トップページ | 「東京の古墳」「大森貝塚」、モース博士 »

2005年11月30日 (水)

オー・ヘンリー「賢者の贈り物」

ある貧しい夫婦がいた。そしてクリスマスの日。

夫は、妻にプレゼントを買ってやりたかった。だから祖父からの形見である金の時計を質屋に売って、美しい長い髪を持つ妻のためにくしを買った。

妻は、夫の自慢の時計には鎖がないのを知っていた。だから、唯一の自分の財産である長い髪を売った。そして、夫の時計につける鎖を買った。

結局、二人の贈り物は、お互いに使えないものになったけど、二人は感謝し合って、愛を深めたのである。

オー・ヘンリーの「賢者の贈り物」。

|

« 「はれときどきぶた」、「ズッコケ三人組」シリーズ | トップページ | 「東京の古墳」「大森貝塚」、モース博士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オー・ヘンリー「賢者の贈り物」:

« 「はれときどきぶた」、「ズッコケ三人組」シリーズ | トップページ | 「東京の古墳」「大森貝塚」、モース博士 »