« レナードの朝 | トップページ | チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記 »

2005年10月 2日 (日)

【映画】【洋書】いまを生きる

厳格な全寮制の名門校。生徒たちは個性をなくし、社会のエリートとなるべく勉強や規律を詰め込まれている。そこに一人の救世主がやって来た。静かなるその教師は、”生きる”とは何かを生徒たちに投げかける。「死せる詩人の会」とは、なんだったのか?

個人的には、この作品のロビン・ウィリアムスが一番いいと思う。この俳優の笑顔は、見る人に哀愁を感じさせる。

右は、映画の原題でもある洋書。

ちなみにタイトルにもなっている「いまを生きろ」は、英語で「sieze the day(日々をつかめ)」となっている。

|

« レナードの朝 | トップページ | チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記 »

コメント

ぼくもそう思います。
ほかにもパッチアダムスなんかも良かったです。

投稿: たんたん | 2005年10月 2日 (日) 17時53分

なるほど、パッチアダムスもよかったですね。
こうしてみるとウィリアムス氏は先生役が多いですね。

投稿: kazoo | 2005年10月 2日 (日) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】【洋書】いまを生きる:

« レナードの朝 | トップページ | チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記 »