« ヨコハマ・グラフィティ | トップページ | ミルトン・ナシメント「クルービ・ダ・エスキーナ」 »

2005年10月 5日 (水)

江戸川乱歩「黄金仮面」ほか

乱歩の本と出会ったのは、小学校5年のときだった(土曜ワイド劇場でやっていたテレビシリーズはもっと前だったけど・・・)。「エドガワランポ」という響きは、僕らに独特な郷愁みたいなものを起こさせる。たとえば、夕日の中の図書館みたいな・・・。駄菓子好きだった僕が、駄菓子屋で人のやるゲームだけを眺めて貯金した目的は、もちろんこれだった!

頭が切れ、運動神経もよく、なによりもハンサムな名探偵・明智小五郎はいろいろな怪人と対決をする。そしてライバルは怪人・二十面相だ。奇想天外な、魔術のような独特の世界。中でも”少年探偵団”は、僕らの永遠のキーワードだ。

不気味に笑う金色のマスクをつけた大怪盗・黄金仮面が東京に現れた。迎え撃つのは、我らの明智先生。その仮面の正体は誰だったのか?

|

« ヨコハマ・グラフィティ | トップページ | ミルトン・ナシメント「クルービ・ダ・エスキーナ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「黄金仮面」ほか:

» ドリームボックス [Sunday Shopping Blog]
ドリームボックス■価格:1,575円(税込み)■お届け:4日以内 1箱の中は20マスに区切られていて、その中にお菓子が入っています。   箱の上から指などで押して穴を開けて中のお菓子を取り出します。   何が入っているかは、明けた時のお楽しみ。   これは、... [続きを読む]

受信: 2005年10月 5日 (水) 20時35分

« ヨコハマ・グラフィティ | トップページ | ミルトン・ナシメント「クルービ・ダ・エスキーナ」 »