« スヴャトスラフ・リヒテル関連 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「モモ」 »

2005年10月16日 (日)

ウッド・ビィ・グッズ「モンド」

アメリカ英語を聞きなれている人には、イギリスの英語いわゆるクウィーンズ・イングリッシュは新鮮だ。

さて、今回紹介するアーティストwould-be-goodsは、イギリスのポップミュージシャンで最初は姉妹でやってたのじゃなかったかな。英語の発音のせいか異国的な、それでいて”なつかしさ”を感じさせる。ちょっと大人びた日本人の女性が好きな雰囲気じゃないかと思う。このアルバムの曲は全部いいけど、特に「Lisbon Beat」っていう曲がさわやかで好きだ。

|

« スヴャトスラフ・リヒテル関連 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「モモ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッド・ビィ・グッズ「モンド」:

« スヴャトスラフ・リヒテル関連 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「モモ」 »