« 【洋書】【和書】ゴドーを待ちながら/サミュエル・ベケット | トップページ | レナードの朝 »

2005年9月30日 (金)

グッド・ウィル・ハンティング

何をきっかけに、自分の閉じこもっている殻を破るか?

やっぱり、身近な人間の存在は大きいよね。

逆に周りの人間は、心を閉ざす人間の才能を見出せるか?

あきらめないで、気長に付き合っていかなければ。

マット・デイモンは、クールで澄ましているようだけどなかなかの野心家だ。ロッキーを書き上げた頃のシルベスタ・スタローン並みだとにらんでいる。

時々見せる映画の中の悪友のセリフは、ちょっと熱くなる。注目していただきたい。

|

« 【洋書】【和書】ゴドーを待ちながら/サミュエル・ベケット | トップページ | レナードの朝 »

コメント

グッド・ウィル・ハンティング
 二人の青年が夜通し話し合って出来上がった、アメリカンドリームを象徴する傑作ですね。
 お話も、アメリカン・ドリーム。
 自分の才能を知っているのに、怖くて踏み出せない主人公に、ベン・アフレックが一言。
 確か・・「お前は一等の宝くじをもっていて、交換にいかないだけのバカモノさ」みたいな事を言ったはず。
 友人を励ますベン・アフレックの好演と、マット・デイモンの知的演技で感動させます。
 ぜひぜひ☆

投稿: orange | 2005年10月 1日 (土) 13時38分

orangeくん、解説ありがとう。

きみのブログも紹介してください。

これからも映画のコメントよろしくね!

投稿: kazoo | 2005年10月 1日 (土) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッド・ウィル・ハンティング:

» グッド・ウィル・ハンティング [リストカットの半袖シャツ]
父親に虐待され、ひねくれて育った貧民街の天才数学青年、ウィル・ハンティング。 大学の掃除をやってる時に、その才能が認められる。 大学に迎え入れられるが厄介事を巻き起こし続ける。 で、カウンセラーが付けられるが手におえない。 最後に、数学の教授が昔の同僚... [続きを読む]

受信: 2005年10月17日 (月) 00時36分

» グット・ウィル・ハンティング [悩み事解決コラム]
 映画『グット・ウィル・ハンティング』を観た事がありますか? アカデミー賞を受賞した作品でもあるので、知っている方も多いと 思います。  主人公のウィルは知能\指数はずばぬけて高いのだが、心は... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 (木) 16時00分

» グッド・ウィル・ハンティング。 [耳の中には星の砂の忘れ物]
君は何も悪くない やっと見る気になった「グッド・ウィル・ハンティング」です。「やっと見る気になった」だなんて言っちゃいけないような上質な映画(←最近、そういうのばっか見てる私。)人間らしさを真に説いた映画です。 主演もしているマット・デイモンと仲良しの... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 00時13分

» グッド・ウィル・ハンティング [日記風のもののようなもの。]
グッド・ウィル・ハンティング、見ました。 最近マット・デイモン萌えなもんでw いやはやとてもいい映画でした。 いい映画すぎて、大ダメージでした。 ま、ぼくは天才でもないし、天才どころか何の能力もないわけなんですが、それでも身につまされるところはあるわけで。なんだか、叱られている気分になりました^^; いやそれにしても、「ファッキン」って言いすぎw あと、ランボー教授の苦悩とかをもうちょっと描いてほしかったなー。夜中眠れずに必死で問題を解いている姿とか。... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 23時14分

« 【洋書】【和書】ゴドーを待ちながら/サミュエル・ベケット | トップページ | レナードの朝 »